天才てれびくんでエンディングを踊るダンサーは?超大物!動画つき

Pocket

昔からやっている「天才てれびくん」。

おもむろに子どもと一緒にエンディングを見ていたら、エンディングで踊っている黒人ダンサーのクオリティがあまりに高すぎて「一体誰ぞや?」と。

気になったので調べてみました。

Sponsored Link

あのキレッキレのダンスを踊るのはジョンテ・モーニングさん

きっとすごい人に違いないという予感的中。本当にすごい人でした。

ジョンテ・モーニングさんは、世界中で活躍しているアメリカのダンサー&振付師です。また、雑誌やショーのモデルとしてもご活躍されているそう。

ダンスを始めたのは13歳からで、バレエ、ジャズ、HIP HOP、フラメンコ、モダン…などなどあらゆるジャンルのダンスをバックグラウンドに持っています。

ダンスを始める前はサッカーをやっていて、その時から踊るようなフライディングパスをするなど、パフォーマーの片鱗がみえていたよう。

ビヨンセの世界ツアーの振付/演出や、ジェネット・ジャクソン、プッシーキャット・ドールズ…etc.と共演するなど、その活躍ぶりはもちろん世界のトップレベル。

ビヨンセが「もし私が男なら…ジョンテになりたい!」と語ったらしいです。

日本での活躍は2008年頃から活発になっており、DOUBLE&安室奈美恵「BLACK DIAMOND」の振付(Ramon Baynesと共同)や、映画「ホタルノヒカリ」の出演/振付、宮本亜門演出のミュージカルや他、TV番組などにも出演しています(他多数)。

「天才てれびくん」へは2014年からご出演されています。

「天才てれびくん」はどうしてまたこんな超世界的ダンサーに依頼しようと考えたのだろうか(ギャラは問題にならなかったのだろうか?)…そして、ジョンテさんがOKを出したのは魅力的なオファーだったからなのだろうか…というのが個人的にちょっと気になります(笑)。

Sponsored Link

ジョンテ・モーニングさんのキレッキレなダンスを見てみよう♪

↑途中からソロでがっつり踊ってくれます。

天才てれびくんで披露してくださっているダンスも、よくこれで首痛くならないな…というくらいカックンカックン動きますが、本当、関節どうなってんだろ…と感じるくらいすごいです(笑)

そしてこんな面白い曲も…↓

日常会話の「え~全然大丈夫♪」を口にした瞬間、思い出すようになりそうな音楽です(笑)

私達が外国語を勉強する時も難しく感じますが、日本語って世界的にみるとめちゃくちゃ難しい言語らしいですね。

世界的ダンサーが「日本語難しい」とか言っているのを聞くと、うん、些細な事は「全然大丈夫!」って感じですね^^

おわりに

最近はダンスが習い事としても一般化して、教育ちゃんねるにも随分と力のあるダンサーが出演しています。

子ども向けのダンス番組までありますしね。

子どもの頃から世界レベルのものを普通に見ることが出来るって、なんだかすごい時代になったなぁ~なんて個人的には思います。

Sponsored Link