『君の名は』ヒロイン役の上白石萌音が「なんでもないや」で歌手デビュー?

Pocket

Mステ出演が決定して、アルバムも出すということで「歌手デビュー」と言われている上白石萌音さん。 最近は声優さんが歌うのは珍しくないのでその流れなのかな?と思っていたらとんでもない! ちょっと調べてみたら、そもそも彼女ミュージカルを軸として活動している女優さんじゃないですか! そりゃー歌えるわ!(笑)(↓続く)

Sponsored Link

■2016年10月5日『chouchou』リリース♪

名作映画の主題歌・挿入歌を集めたカバーミニアルバムだそうです。 ミュージカルをやってきた彼女のキャリアが活かせる選曲ですね。

■お母さんはピアノの先生

お父さんは社会科の教師、お母さんはピアノの先生だそうです。 名前も「音楽が好きになって欲しい」という両親の願いがこめられた名前です。 そして妹さんの名前は上白石萌歌! 既にCDデビューしていて、姉妹揃って芸能界で活躍しているようです。 お父さんは何か演奏されるのでしょうか? 音楽一家ですね~。 家族アンサンブルとか是非聴いてみたいです♪(↓続く)

Sponsored Link

■芸能界とアニメ界

20年くらい前は声優さんって今みたいにそんなに人気の職業じゃなくて、俳優さんがちょこっとやったりしていました。 今はむしろ日本のアニメが商業的にもかなり力をつけ、声優さん自体が注目されるようになりましたが。 上白石萌音さんが『君の名は』のヒロイン役をやるとなった時、結構「アニメは声優がやるべきだ!」派の人たちによるバッシングがあったそうですが、今は「いや、上白石萌音、イイd(`・∀・)b!」という評価に変わったそうです。 個人的には声・芝居のトレーニングは俳優業も声優業もだいぶリンクするところがあるので、役にハマっていればいいと思いますけどね。 (ただ、舞台から来た人は絵に合わせるのが難しい)

■今後の活躍に期待♪

そんなバッシングの評価も覆す力のある上白石萌音さんの今後の活躍に期待です。 井上真央さん、松たか子さんのような女優を目指しているそうです。 正統派・実力派志向で小さいときから訓練を受けている上白石萌音さん。 キャリア的には既に新人さんではありませんが、なんといってもまだまだ若い! 若い女性の役から歳を重ねていった女性の役まで、是非、これからの日本の芸能界で大いに活躍してもらいたいです。

Sponsored Link