一覧

過度な甘やかしや過保護が原因となった自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害は過干渉や過保護、虐待がその多くの原因となる、というのが現代での一般的な見解です。過干渉が人格への介入である、というのはわかりやすいですね。ではなぜ過保護でもそうなるのでしょうか。 自己愛性パーソナリティ障害は、ありのままを愛せない障害と言われますが、

自己愛性パーソナリティ障害の原因の多くは親【自己愛性人格障害】

自己愛性パーソナリティ障害が生まれ育つ背景には自己愛性パーソナリティ障害の親がいることが殆どです。そして、自己愛性パーソナリティ障害の被害に頻繁に遭ってしまう「被害者体質」、心理学的には共依存傾向のある人が生まれ育つ環境にも、多くの場合家族に自己愛性パーソナリティ障害がいます。

いじめっ子の心理と対処法/自己愛性パーソナリティ障害の育て直し

いじめっ子の心理状態が育まれるまで いじめっ子にもタイプがあります。大きく分けて、反社会的パーソナリティ障害のようにいじめ行為を娯楽として行っている場合と、自己愛の問題により優越感・自己陶酔を得るために他人を利用しているケースがあります。今回は依存的に繰り返してしまう後者の自己愛の

自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)の親とその子供

自己愛性人格障害の親の子供は自己愛性人格障害であることが多いといいます。一番最初にモデリングした価値観が自己愛性人格障害の価値観で、それ以外を学ぶことができないとそうなってしまうのかもしれません。今回は私が体験してしまった「親子で自己愛」な人達独特のエピソードのご紹介です。