人間関係一覧

かまってちゃんに察してあげると執着される

私を見て!私を褒めて!私ってかわいそうでしょ!なぐさめて!○○ちょうだい!!…物欲しそうな言動や「答え」に誘導されるやり取りが目に付く、そんなかまってちゃん。やさしいあなたは1度や2度、そんな相手の要望を察してあげて大変なことになったことがあるのではないでしょうか。

脱・被害者体質~我慢を自覚する&好き嫌いをジャッジしない

自己愛者の被害によく遭ってしまう被害者体質の方は、自分の感情に蓋をして我慢する癖を持っているパターンが多いです。 我慢癖を手放していこう!ということについては今までも書いていますが、そもそも我慢とは?というところについて書いていこうと思います。

自分に値引きシールを貼っていませんか?

人は扱われ方で自分をどういう存在か認識する 人間は社会的な動物なので、他者との関係性の中で自分を定義していきます。 特に生まれ育った環境において「どのように扱われたか」というのは重要です。人生脚本などとも言われますが、いつの間にか人間は、扱われ方によって自分はこういう人間であると思い込んでしまう

我慢はすればするほど「当たり前」になる

我慢癖を持っている人は、他者のために我慢することを当たり前だと思っている節がありますが、それは当たり前ではありません。ですので残念ながら、周囲にもなぜ我慢が必要な関係を続けているのか理解されないため、好きでやっていると思われがちです。 我慢しなきゃ付き合えないような人とは「この人とは合わない」と思って離れる

毒親の洗脳と支配~自己責任論の二次加害に対して

「いつまでも親のせいにして」と毒親育ちの人を自己責任論で批判する人がいますが、毒親育ちの方はまず親のせいにしていいです。 「親のせいにするな」論を振りかざす人は無知の極みか、自分が抑圧しているからその不満を他者を否定することで発散してるだけなので無視してください。

SNSでよくみられるモラハラ・パワハラ加害者の特徴

ハラスメント加害者は優位なポジションを得るために自分を飾ります。 ですが、人を上下関係、利用価値など「モノのように見ている」ため、それらの物の見方がSNSに漏れ出ていることはよくあります。こちらの記事ではそれらの特徴について解説していきます。

自己愛性パーソナリティ障害のコミュニケーションパターン

自己愛性パーソナリティ障害の人は、自己愛が病的なため心が健康ではありません。 よく「共感性が低い・無い」と言われますが、心が健康ではないので人の心に興味を持てる余裕は持ち合わせていません。よってそもそも他者と心の交流があるコミュニケーションをとることができません。