一日10分でも15分でも継続は力なり

Pocket

■一流のレベルは向上している

一流になるには一万時間が必要だという。

でも、思うに、昔の一流レベルと今の一流のレベルは確実に変わってきている。

昔は3回転すればすごい!だったフィギュアスケートも、現在では4回転できる人がいる。



情報を集める力があって、行動できる環境があって、あとは指導者に恵まれれば、より的確な指導を受けられる。

都会に生まれた人間と片田舎に生まれた人間の可能性の差というのは今も存在するが、その差はインターネットの普及で格段に縮まった。

指導者だって今はどこからでも調べられる。

適切な指導を受ける人が増えれば全体のレベルも向上する。

■正しい練習を少しずつでも継続すること

Sponsored Link



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2318677497536939"
data-ad-slot="9960308600"
data-ad-format="auto">



練習方法を間違えて毎日何時間練習しても、悲しいかな上達は望めない。

…むしろ悪い癖がついて下手になるケースすらある。

だが、適切な指導・適切な練習というものを知り、それを実践していれば人によって速度の違いはあれど必ず上達する。

私が教えているのは楽器だが、

「一日に何時間練習したらうまくなりますか?」

ときいてくる子がたまにいる。

正直それはその人によるとしか言いようがない。

…が、ひとつ言えるのは、毎日10分でも15分でも、適切な訓練を継続していれば趣味で楽しむには十分なくらいに上達出来るということ。

練習しただけ下手くそになるような劣悪なメソッドは現在ではだいぶ淘汰されている。

もちろんクラシック音楽の演奏家になりたければある程度の難曲も弾けなければどうしょうもない&相対的なレベルがものを言うケースもあるので相当な時間練習する覚悟が必要になるが。(最近はクラシック界も容姿が売りになる場合も多いのだけど…)

■何かを身につけることで得られる経験と心の豊かさ

Sponsored Link



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2318677497536939"
data-ad-slot="9960308600"
data-ad-format="auto">



私が小・中学生の頃、アクターズスクールから芸能界に出てきた女の子達が活躍していた。

歌とダンス。当時にしてはダンス格好いい!!という感じだったけれども、今はもうダンスが習い事としても随分と一般化して、踊れるというのはさほど珍しいことではなくなった。

ほんの20年。(ほんの?いや・・・でもないか?)

でも、当時斬新だったはずの習い事も、流行ってから習い始めた人だってもうとっくに成人しているわけで、そりゃ時代は変わる。

きっと技術を身につけても、「パフォーマーが食っていくのは楽じゃない」というのは変わらないのだろうが、でもその技術を使って自らの人生を豊かにする人が増えたことを考えると、とても素敵なことだと思う。

相対的にどうか?ということではなしに、何か自分自身が身につけたことはその人の宝になる。

■みんなはじめは初心者なのです

…と偉そうに書いてますが…。

そんな私が、むか~し早々に挫折したギターを触り始めました(笑)。

1日10分~15分。洗濯機をまわしている隙にちょっと触る…という。

初心者の第一関門、コードF。

ここで挫折したというへなちょこでしたが、なんと一ヶ月もしないで弾けるようになったんですよね。

やはり継続は力なりです。

1日10分~15分って大した時間でもありませんし、是非皆様も何か始めてみては?(芸術の秋ですよ!)



言い訳。

ピアノを4歳からやっていたので、楽譜を見たら特に意識しなくても指が動くのを当たり前だと思ったまま新しい楽器に手を出したわけです。

当然、そんなに甘くないわけです(笑)

世間知らずだった当時の私にとっては、出来ない楽器に始めて遭遇した瞬間でした。(そもそも楽譜違うし!)

出来ないことが出来るようになるのって楽しいですよね。

誰でもはじめは初心者です。気になったのならやらないよりはやってみた方がいいよ!とおすすめします^^
Sponsored Link



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2318677497536939"
data-ad-slot="9960308600"
data-ad-format="auto">


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする