自己愛性人格障害は真似る・パクる

Pocket

Sponsored Link

自分が無いという病理

自己愛性人格障害の病理というのは、つまるところ人格形成の失敗である。

なのでもちろん、自己愛性人格障害の人間は「自分」が無い。

健康な人にある、

・自分というものの認識

・自分と他者の区別

も存在しない。

自己愛性人格障害には自分が無いので、無いからこそ人からの評価というものに執着し「自分に価値がある」という見てくれを欲するのだ。

自分がなければそれは「無」であるが、「無でありながら命を与えられた苦しみ」に耐えられないので、それらしいものを身につけることでその苦しみから刹那的に逃れようとする。

真似やパクリは、彼らが生きるためにすがらずにいられない衝動的な行為のひとつだ。

Sponsored Link

真似を認めず真似されたと騒ぐ理由

彼らは人の真似をする。

特に、周囲からの評価が高いものを自分の中に取り入れる。

憧れの人の真似をする行為自体は病的な人でなくてもやるが、自己愛のそれは自他未分離であるので、憧れの対象と自分の中に境界線は無い。

というか「憧れている」という認識すら存在しない。自分と他人は区別されない。

よって、健康的な人にとっては「憧れの存在」という表現であるが、自己愛にとってそれは「評価をされている自分」とイコールになり、コピー元は「存在しない」という認識となる。

だから自分が真似しているのにも関わらず真似されたと騒ぎ、「自分こそが他者に影響を与えている特別な存在」へと脳内変換される。また、相対的な優位性に執着するのでコピー元をコミュニティから消そうとさえする。

Sponsored Link

人間のそれらしいものをくっつけた「なにか」

自己愛はいわばカオナシだ。中身は無い。

中身が無いから周囲から盗むのだ。人間が金に執着する様子を知れば、金を集め、それで人を動かそうとする。

健康的な人格を持った人間には、自分が感じたものや好みなどの延長線上として服のセンスなどがあるが、自己愛にはその根っこの部分が存在しないため、言動も一貫性が無く、上辺だけパクっているだけで中身は存在しない。

自己愛性人格障害の人間と会話をしていると、健康な人は違和感をおぼえる。

話に一貫性が無く、過度な一般化や「普通」や「常識」という言葉、「それらしい言葉」を繰り返すだけで、価値観などが垣間見える突っ込んだ話は全く辻褄が合わない。

彼らが何を感じているのかが見えないのだ。

全てが「人の真似」で形成されているので、会話のリアクションも「こういうときはこういう風にリアクションすると得をする」というリアクションを選択しているに過ぎない。その中に感情は存在しない。

彼らの中に存在する感情はもっと原始的な感情のみだ。

そもそも彼らの中に存在する欲求は、

・自分が人よりも優位にあり「価値がある」と周囲に崇められる欲求

・安全でいられる欲求

・(自分と他人の区別が無いので)自分の思い通りに他者が動くことを当然だ思う欲求(…これは欲求というよりも、そういう特性だと言った方がいいかもしれない。)

こういう欲求の次元で止まっているので、人のためになにかしたいなどという欲求や、人に感謝された喜びなどの感情は持ち合わせていない。(感謝された喜びではなく、自分の価値が上がった喜びはある。)

自分の欲が満たされることを脅かされる状況になると、良心の呵責無く汚い手を使ってでも邪魔者を排除するし、自分が劣位に置かれた場合は嘘や泣き落としで自分がより得をする結果を得ようとする。負けそうな試合はしない。権力者には媚びへつらい「良き右腕」を演じながら、他の人間が権力者と近づかないように嫌がらせしたりする。

それらの自己愛性人格障害者の問題行動とされる行動の全ては、上記のような非常に原始的な欲求で成長が止まっていることに起因する。だから人格障害なのだ。

彼らの中には他者と喜びを分かち合うという精神機能は存在しない。自分が(目先の利益で)得をすることしか考えられないのだ。

Sponsored Link