自己愛性人格障害の精神年齢(自己愛性パーソナリティ障害)

Pocket

Sponsored Link

このブログでは自己愛性パーソナリティ障害は一見しただけではわからない障害者である、という趣旨で記事を書いています。

被害者は、相手が自分と同じような心の機能を持っていると思うことで(期待することで)、余計に傷つけられてしまうこと、また支配されてしまうことが多いからです。

今回はそんな自己愛性パーソナリティ障害の精神年齢に焦点をあてて、この障害を説明していきたいと思います。

自己愛性パーソナリティ障害の精神年齢は乳幼児で停止している

自己愛性パーソナリティ障害になってしまう理由は、遺伝、環境の2つが関連していると言われています。そして、環境については不適切な養育態度を基本とした「機能不全家庭」がその背景にあるというのが今の一般的な見解です。

機能不全家庭というもの自体はそこまで珍しくもなく、日本人の多くはアダルトチルドレンであると言われています。それは戦争・戦後の時代的な背景もあり、余裕を失った親から十分なケアを受けられなかった世代がまた親となって子育てしている、という脈々と続いた問題もあるのではないかと思います。

Sponsored Link

機能不全家庭に育った人間の全てが自己愛性パーソナリティ障害になるのではありません。むしろ、自己愛性パーソナリティ障害のターゲットになりやすい、いわゆる被害者体質にもなります。

自己愛性パーソナリティ障害は、不適切な養育態度により人格形成がうまくいかないということにより発症します。

それはどういうことかというと、子どもが子供らしい健全な精神的発達を遂げることが出来なかった、ということです。

健全な自己肯定感を持っている人は、自分にはいい部分も悪い部分もある、という感覚を受け入れることができています。ところが、自己愛性パーソナリティ障害の人は、「良い自分」・「悪い自分」という自己感覚をありのままで受けれることができていません。

いわば自分自身という存在が不安定で、自我同一性の拡散がモラトリアム期の人と比にならない病的なレベルである状態にあります。

自己愛性パーソナリティ障害の人は優越性や「良い自分」を感じることができる自己陶酔的な欲求を常に補おうとします。また、「悪い自分」を感じることは防衛機制によって跳ね返し他者になすりつける(投影)ことで、自分を守ります。

自分自身に対する感覚もそうなのですから、他人のことも一人の人間としていい部分・悪い部分もある、といった認識をすることができません。これは、その能力を獲得しそこなったという意味で「できません」。

乳幼児は憧れの存在になりきったように振る舞いますが、自己愛性パーソナリティ障害にも、他者のことを「まるで自分がもともとそうであるよう」に真似るという行動がよくみられます。

他にも、ゼロか100か思考など、幼児期特有の思考・行動パターンを取ることがとても多いです。

基本的に精神的な発達が乳幼児で停止しているのですね。

Sponsored Link

自己愛性パーソナリティ障害の精神年齢は低いが知能はある

これが問題をややこしくする要因なのですが、自己愛性パーソナリティ障害は総じて幼い言動をするものの、知能は普通に発達していきます。

そして高知能であればあるほど、「悪知恵の働く餓鬼」のようになっていきます。

自己愛性パーソナリティ障害の中身は子どもです。欲望に忠実ですし、「勝ちたい」「賞賛を浴びたい」「ラクしていい思いをしたい」「貰えるならいくらでも貰う」…そういった子どもらしい…というよりも、まだ理性の発達を遂げていない動物的な感性で生きています

そもそも、自我の確立に失敗しているので人に共感することが難しく、欲望にブレーキをかけるような感覚が無いんですね。「自分がよければ他人などどうでもいい」としか思えない状態にあるので、自分の欲望を抑止する作用のある感覚が欠落しているんです。

我慢を覚えていくのは幼児期~学童期です。
思い通りにならない時、子どもは自分の心を保護者の手助けを得ながらその感情の処理を少しずつできるように成長していきます。それはそこに安心感が存在するからできることですし、そういった安心感を元にして自分自身の様々な面を一人の人間として統合していくんですね。

この段階で自分の中に生じるネガティブな感情を適切に処理できる心を育てることができなかった場合に、その処理できなかった感情を「自分のものではない」ことにする生き方を身につけたのが自己愛性パーソナリティ障害です。ですので、自分の欲を自分の中で上手く飼いならすことが難しいんですね。

その特性が知恵がついていくことによってどのような行動となって現れるのか、といえば、それは皆さんが困っている問題行動となっていきます。

「自分の欲望のためなら手段を選ばない」という状態ですね。

Sponsored Link

あまり知能が高くない自己愛性パーソナリティ障害は、その欲望が周囲の目にも明らかなので、非常に直接的なやり方をしてくるケースが多いです。ところが、「欲望を叶えた成功体験」を元に、様々なやり方を学習していく高知能な自己愛性パーソナリティ障害の場合そのやり方は非常に狡猾になっていきます。その高知能ゆえ、社会的な成功(自己愛性PDが飢餓的を持って欲する「優秀さ」「勝利」「価値」であもる)に邁進していくこともあります。

神経症的競争をし続け、自分の存在価値の証明を病的に追い求め続ける障害、それが自己愛性パーソナリティ障害です。

近くにいると本当にしんどいのですが、その育ちに焦点を当てることで、「本人も好きでそうなったのではない」ということがおわかりいただけるのではないかと思います。

彼・彼女らの特性をふまえて、洗脳されずに、健全な精神状態を保つための一助になれば幸いです。

他にも自己愛性パーソナリティ障害に関する記事をたくさん書いておりますので、是非参考にしていただければと思います。

自己愛性人格障害の親の子供は自己愛性人格障害であることが多いといいます。一番最初にモデリングした価値観が自己愛性人格障害の価値観で、それ以外を学ぶことができないとそうなってしまうのかもしれません。今回は私が体験してしまった「親子で自己愛」な人達独特のエピソードのご紹介です。
いじめっ子の心理状態が育まれるまで いじめっ子にもタイプがあります。大きく分けて、反社会的パーソナリティ障害のようにいじめ行為を娯楽として行っている場合と、自己愛の問題により優越感・自己陶酔を得るために他人を利用しているケースがあります。今回は依存的に繰り返してしまう後者の自己愛の

Sponsored Link