自己愛性パーソナリティ障害は逆恨みする(自己愛性人格障害)

Pocket

Sponsored Link

自己愛性パーソナリティ障害と思われる人の言動に悩まされ、このブログに辿り着いた読者の皆様の心が少しでも軽くなるように、エンパワーメント(力づけること)を目的に記事を書いています。自称、元タゲられヒロイン☆自己愛ホイホイのナルです。

今回は自己愛性パーソナリティ障害の逆恨みについてです。

自己愛性パーソナリティ障害の「怒り」の原因

自己愛性パーソナリティ障害の人は常に「怒り」を内包して生きています。
それは、自分という存在自体が不安定であるがゆえに、生活している中で常に発生し続けてしまう怒りです。

自己愛性パーソナリティ障害は、心理的発達の段階において大きな課題を残したまま大人になってしまっているので、心は乳幼児期のままで「それらしく振る舞いながら」社会生活を営んでいます(自己愛本人の能力に応じながら)。

子どもの特性

小さな子供はゲームで負けたりすると癇癪を起こしたりしますね。負けを素直に認めることができるようになる、ということは成長の証です。

また、小さな子どもは欲しい物が買ってもらえないなど、自分の思い通りにならないことがあると「アイツが悪いんだ」だとか相手のことを全面的に否定したりします。これは「オール・オア・ナッシング(全か無か思考) 」という未熟な認知しかできないからで、一人の人物の中に多様な面があるということなどを受け入れられない状態にあることを示しています。大人になると人には色々な面があることを受け入れることができますが、それも心理的成長の証なんですね。

Sponsored Link

自己愛性パーソナリティ障害の特性

では、自己愛性パーソナリティ障害はどうでしょうか?

先ほど乳幼児期の心理的発達において大きな課題を残したまま大人になってしまっている、と書きましたが、それがまさに上記に紹介したような「幼児的な振る舞いしかできない」ということなんですね。

負けを認められない、全か無か思考、これらの特性を持ったまま社会生活を営むということの難しさがおわかりいただけますでしょうか?

人間生きていれば、日常生活の殆どはグレーでしょうし、人はそれぞれ多様な価値観を持って生きています。人生における勝ち負けというのは、多様な価値観を否定した上でしか成り立たない考え方ですね。

自己愛性パーソナリティ障害はそういうことがわからない認知で生きているので、当然あちこちの人間関係で問題を起こします。

自己愛性パーソナリティ障害の対人関係における基本姿勢は

・負けを認められない=自分は常に勝っているということにしないとならない

・全か無か思考=悪いのは全部自分以外

ということになります。

これでは人との健全な人間関係なんて作れませんから、日常生活が怒りと逆恨みに染まるということがわかりますね。

Sponsored Link

「逆恨み」というのは道理を理解していないと生まれない概念

自己愛性パーソナリティ障害は認知が歪んでいます。

自分に都合の悪いことは受け入れることが出来ないので、自分にとってネガティブなものは防衛機制によって忘れてしまったり相手に押し付けてしまったり(投影)します。

そもそも事実を事実のまま受け止めることができないんですね。

なので、「それは逆恨みだよ」とこちらが主張しても、それは相手の中には「無い」んですね。無いことになってしまうんです。話を捻じ曲げ、自分に都合のいい嘘を言っても、自分が嘘を言っているという認識すらありません。

自己愛性パーソナリティ障害はよく逆恨みをしますが、本人の中ではまさに「自分が正しい」というストーリーが出来上がっていて、その正当性を示すために制裁を加えているくらいに本気で思っています。

自己愛性パーソナリティ障害はまさに障害です。

そして、その症状の数々が治療をとても困難にしているんですね。

Sponsored Link

逆恨みをされている時にできること

ストーカーなどを引き起こすのは、自己愛性パーソナリティ障害が多いです。

実際、被害者にはなんの落ち度が無くても、逆恨みをされたら犯罪の被害に遭わないように対策する、ということになります。

自己愛性パーソナリティ障害は「自分の思い通りにならないことを受け入れられない」という特性のため、支配的で嫉妬深く、人を逆恨みで攻撃するのはもはやデフォルトです。

話せばわかる、ということは基本的にありません。認知が歪んでいるのですから。

認知症の人とコミュニケーションが難しいのはおわかりになるかと思いますが、知能自体には障害が無いため一見まともに見えてしまうだけで、自己愛性パーソナリティ障害は健康な人とは異なります。

「知能自体は障害がいない」という点と「損得には敏感である」という点を利用した対策は、ケースによっては可能な場合もあります。ただこれは自己愛に対する賞罰が明確にできて、自己愛の優越感・自己陶酔を満たしながら対象との力関係を調整することができるなど、立場が上の人の協力を仰げる場合に限ります。ただ、同一の職場・部署にいながらこの対策をするのは難しいでしょう。

Sponsored Link

自己愛性パーソナリティ障害の被害に遭うということは「事故」です。

犯罪被害者はケアされて然るべきですが、防げるものもあれば防げないものもあります。特に逆恨みなどは、一方的な嫉妬から発生することもあるのでなかなか難しいかと思います。

ただ、あまりにターゲットにされることが続く場合は、「自分の心理的テリトリーの施錠状態」について確認する必要があるでしょう(心理的境界線・パウンダリーの問題)。

自己愛性パーソナリティ障害についての情報を得て、なるべく被害に遭わずに平和な生活ができるように筆者も応援しています。他にも記事を書いているので是非ご参考にされてください。

今回は自己愛性人格障害との接し方について書いていきます。目次①親しくならない②なるべく敵認定されない③支配的な親のポジションを再現する/まずはそもそも「親しくならない」ということ。 「もしかしてこの人は自己愛なんじゃないか?」と感じたらもうそれ以上距離を詰めるのは危険です。
自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)のコミュニケーションパターンは、基本的に比較・投影・歪曲・論点すり替え・矮小化・隠蔽・ほのめかし・忘却・貶め・悪口の吹聴などです。 これらの行動は自己陶酔を得るため、また「理想の自分」を守るために行われます。
「何故か会話が捻じ曲げられて話が通じない人」、それは自分を守る心の仕組み、防衛機制が深く関係しています。この記事ではこのような過剰な防衛機制が働いてしまうために周囲とのコミュニケーションに困難を伴う自己愛性パーソナリティ障害について、その「なぜ?」を書いていきたいと思います。

Sponsored Link