モラルハラスメントの被害に遭うということ(被害者の後遺症)

Pocket

Sponsored Link
 

モラルハラスメント(モラハラ)の被害というのは、実際に遭ってみないとそれがモラハラだとすら知らない、というのが残念ながらまだ一般的です。

「いじめ」という言葉の方がその点、被害者が後遺症に苦しむことがあるということも知っている人がいる状態だと思います。

モラハラとは、いじめです。いじめとはモラハラです。

言葉や態度を主体とした精神的暴力によって相手を破壊する行為に他なりません。

Sponsored Link
 

モラハラの被害はわかりにくい

モラルハラスメントというのは外から見るとわかりにくいです。

学級の中でいじめが行われている時、同じクラスの生徒目線では「知っている人は知っている(けど先生は知らない)」といったことが多いですが、いじめではなくモラハラという単語を使用されるような年齢になると、加害者も成長に伴い知恵をつけていきますのでデメリットを排除してよりわかりにくい中で行うようになっていく様子が伺えます。

ちなみに現代のいじめは目が届かないインターネットを介したものがとても多くなっていますし、クラスの中でターゲットを作らない傾向が増えてきているそうです(教育機関で行われたサイバー犯罪の講習より)。

加害者はやり返さない人を狙いますが、よりリスクが少なくいじめることができる環境があるのならばそちらを選ぶ傾向にある、ということでしょう。

Sponsored Link
 

モラハラの被害者にも責任があるのか?

モラハラの被害の実態を知らない人は、そこまで悪い人に見えない、なんでそんな人と付き合っているのか、離れたらいい、と言います。

それは被害者にも責任がある、というような意識が少なからずあるからでしょう。

性犯罪の被害者に「隙があるからだ」などと言う人がいるのもそうですが、被害者の状況を理解している人というのは実際多くありません。そして人は理不尽で理解のできないことを嫌いますので、「因果応報であってもらいたい」からそのような説を支持する傾向があります。

モラハラの被害者とは隙があったのでしょうか?
もし隙があったとするのならば、それは「人を信じたから」です。

人を信じるべからず、なんてなんて悲しい世の中でしょうか。

モラハラとは圧倒的理不尽です。優しさや良心を持っている人のことを加害者が利用することで成立するのがモラルハラスメントです。

Sponsored Link
 

モラハラの被害者が陥る状況

モラハラは最初からひどい状況になるのではありません。最初はむしろ「最高」だったりするのがモラハラです。モラルハラスメントと深い関係にある自己愛性パーソナリティ障害には理想化と脱価値化というサイクルが存在しており、むしろこういった「最高の関係」から「最低の関係」になっていく状況がテンプレです。

モラルハラスメントには始まりがあります。最高に相性のいい人だと思っていた相手に対して、些細な違和感が顔をのぞかせます。

それまでの関係が良好だと思っていた被害者は、その違和感を「たまたまだ」と認識します。たまたま機嫌が悪かった、たまたますごく嫌いなことをしてしまった、たまたま…。

険悪になりそうになると「やっぱり最高の相性だ」と思えるような演出を挟みながら、こういった「お前は俺を怒らせているんだぞ!」といった言動が徐々に激しさを増していきます。

被害者は次第に自分の言動を相手の機嫌によってコントロールされるようになっていきます。「良好な関係」を続けるために。

Sponsored Link
 

モラルハラスメントは、ひとつひとつは些細なことです。

モラルハラスメントの言動のひとつを取り上げたら「大したことない」と思う人が多いでしょう。だからこそ相談することも難しいのがモラルハラスメントです。

モラハラ加害者は

・被害者が友達と出かけると不機嫌になる

・被害者が趣味を大切にしていると不機嫌になる

・被害者がよかった話をすると気分を害するようなことを言う

・些細なことで突然大声で怒鳴る

・ドアを大きな音で閉める

・ため息をつく

・舌打ちをする

こういった行為をとにかく執拗に続けます。

とにかく執拗に続けることによってそのダメージが蓄積されていくのです。

Sponsored Link
 

被害者はこういった状況の中でどうにか対話が成立しないかと試みますが、モラハラ加害者に言葉は通じません。

コミュニケーション自体を避けられるか、会話を始めてもいつも話が捻じ曲げられ、被害者が伝えたいこととは全く違うことを言ったことにされたり、全く答えになってないことを怒気を含めて言われるだけです。

このような状況が長く続くことにより、被害者は傷つき、疲弊し、無力感や孤立感を深めながら、いつも責められる日常の中で「全部自分が悪い」ような感覚に支配されるようになっていきます。

執拗なモラルハラスメントによるダメージが蓄積されてくると、被害者は自分のことを自分で決めることができなくなったり、情緒不安定で突然泣いたり、眠れなくなったりといった心身症の症状やうつ病の症状が出るようになってきます。

Sponsored Link
 

モラハラとは、人格の破壊です。

モラルハラスメントによって加害者から発されるメッセージは「お前はお前であるな」「お前は俺の思う通りであれ」ということです。

被害者の行動のみならず、被害者の好き嫌い、被害者の考え、被害者のやりたいこと、その全てを加害者は暴力によって破壊します。

モラハラの被害に遭うということは、何年も続く後遺症が残るレベルの精神的暴力にさらされるということです。

被害に遭わなければ、モラルハラスメントがどういうものか?も、自己愛性パーソナリティ障害についても知らない人の方が殆どでしょう。

被害に遭ってしまった読者の方は、理解が得られない状況で二次被害に遭うことも少なくないかと思いますが、ツイッターをはじめとしたSNSなどではモラハラ加害者について、またその被害について吐き出している方もたくさんいらっしゃいます。

あまりに同じ状況にびっくりするでしょう。あなただけではありません。

どうか、傷を癒やす過程を丁寧にお過ごしください。

Sponsored Link